株式会社ビューティガレージ

GREETING

代表挨拶

美容業界に
テクノロジーの力を

我々は今、「美容業界を変える」というテーマに、本気で取り組んでいます。
参入障壁が高く既得権益に守られた美容業界、とりわけビューティーサロン向け業界は、大手数社による寡占市場であると同時に、多層的な流通構造を前提とした古い商慣習が色濃く残った、前近代的な市場となっています。
その結果としてビューティーサロン事業者は、対面営業で特定の業者が提供する、数少ない選択肢から割高なものを選ぶしかないという困難な状況に立たされ、経営上の大きなハンデ、デメリットとなっているのです。だからこそ、その状況にテクノロジーの力で風穴を開け、新風を吹き込むことができる当社の存在意義が大きくあるものと考えているのです。
しかしながら当社は上場しているとはいえ、まだまだ新興ベンチャー企業であり、発展途上、成長過程にあります。だからこそ、これからも様々な挑戦を続けていくことで企業価値を高め、影響力を強めていきたいとも願っております。
今後は、「IT」と「物流」と「ソリューションサービス」を最大限活用していくことで、この美容業界でプラットフォーマーの役割を担っていくことを目指します。

我々は、美容業界を変えることを通して、社会そのものを良くしていきたいと思っております。引き続きビューティガレージグループへのご支援ご厚情を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

株式会社ビューティガレージ
代表取締役CEO野村 秀輝